3次元CADの普及にともない、2次元の製品図が出図されないものが多くなっています。
しかし、支給されたモデリングを金型加工情報に転用するには、公差・抜き勾配・押し切り部等の
修正をしなければならない問題もまだ多く残されております。
当社では、短納期実現のためにお客様のCADデータを最大限に活用し、豊富な経験で金型製造を
トータルサポートしております。


コスト低減が要求され、国内で対応するには難しいものが増えてきました。
今、国内に残されていくものは、より複雑で高精度のものか、超短納期のものばかりです。
イイダモールドでは金型のスペシャリストだからこそ出来る設計によるコスト低減を提案いたします。
外観部品などの位置決め、補強リブ、締結方法など、アッセンブリの無理がないように設定することで、金型の制作費を大幅に抑えることが可能です。

ヘルメット用パーツ
全パーツが3次曲面で構成されており、お客様支給の図面に対し、外観デザインを変更せずに
入れ子やスライドの金型パーツを20%削減しました。
医療用パーツ
お客様からは器具内部のみを提示され、それに見合う外装パーツということでご依頼を受けた案件ですが、アッシーの容易性、金型の単純化、そして操作性、デザイン性といったトータルバランスを考慮し設計しました。


デザインの差別化から機能の付加価値、また、量産金型の最適な取り数を考え設計いたします。
一口サイズの豆腐容器の形状デザイン・金型設計例 (意匠登録出願中)  
トップページ 技術紹介 業務案内 実績紹介 企業紹介 お問い合わせ
〒308-0844
茨城県筑西市下野殿1028-2
TEL:0296-22-7256
FAX:0296-22-7419